信越五岳2015 よくある質問 

皆様から事務局へお問合せいただいている内容と回答をご紹介しますので、ご参考ください。

 

※「よくある質問」をご覧になって、「SFMT確認&変更サイト」の登録内容を変更されたい方は、大会事務局(052-202-0504/jtbc.sedesk@cub.jtb.jp)へお問合せください。

 

※以現時点での予定・見込みでご案内しています。今後変更になる場合もありますので、「最終ご案内」で改めてご確認いただきますよう、お願いいたします。

 

■ペーサーに関して

Q.ペーサーの当日受付と荷物預りはできますか?

A.レース当日、第2関門(笹ヶ峰高原緒乙見湖)にて受付できます。10時~制限時間の18時まで受付可能です。なお、ペーサーの荷物は、11001400に預けた場合は、ゴールで受け取ることができます。14時以降に預けた荷物は、表彰式会場でお渡しします。

 

Q.ゴール後、2泊目の宿泊地へはどう移動すればよいですか?

A.ゴール地点から妙高高原行きのバスが出ます。選手・ペーサーの方はどなたでもご利用可能です。妙高高原エリアの各宿泊施設、および赤倉体育センターへはこのバスをご利用ください。

 

 

■宿泊申込に関して

Q.仲間に、斑尾高原ホテルに宿泊する選手がいるので、宿泊タイプを変更できますか?

A.同宿希望の選手のどなたかが斑尾高原ホテルに確定している場合で、かつその方との相部屋という場合のみ、斑尾高原ホテルへの変更が可能です。部屋数を増やすことはできません。

 

Q.宿泊について登録した内容の変更はできますか?

A.7月末までは変更受付を承ります。それ以降の変更は、最終案内にて宿泊先を確認してもらい、変更・(選手以外の)キャンセルは直接宿へご確認ください。

 

Q.同伴者は、選手より先に2日目の宿にチェックインできますか?

A.先にチェックイン可能です。基本的に15時以降がチェックイン時間です。それ以前に到着の場合は宿へ直接お問合せください。また、シャトルバスがありませんので、ご自身でお出向きください。

 

Q.ペーサーも前後泊は必須ですか?

A.ペーサーは前後泊必須ではありません。

 

■交通手段に関して

Q.新潟方面から参加するが、妙高高原から斑尾へは、どのように行ったらよいですか?

A.妙高高原駅から斑尾への無料シャトルはありませんので、飯山駅からのシャトルバスを利用してください。

 

Q.応援用のバスはあるか?

A.現在のところ予定しておりません。応援の際は、公共の交通機関または自家用車で移動をお願いします。

 

Q.駐車可能なスペースは?

A.1泊目の斑尾高原の宿泊施設、2泊目の妙高高原の宿泊施設に泊めていただくことは可能です。赤倉体育センター(表彰式会場)は、大会前日から表彰式まで駐車可能です。ただし、防犯については自己責任とさせていただきます。

 

Q.1泊目の宿泊施設からスタート会場まで、2泊目の宿泊施設から表彰式会場まではどう移動しますか?

A.1泊目の宿泊施設(斑尾高原エリア)からスタート会場(レストランハイジ)までは、徒歩または、斑尾高原内を巡回するシャトルバスをご利用ください。2泊目の宿泊施設(妙高高原エリア)から表彰式会場(赤倉体育センター)までは、送迎バスがあります。

 

■その他

Q.大会前に何か案内が送られてきますか?

A.選手の皆様へは、8月下旬頃「最終ご案内」を発送します。内容は、受付票、宿泊施設のご案内、宿泊予約金納入のご案内、アクセスマップ、ご案内・注意事項等です。

 

Q.預け荷物の受け渡し方法は?

A.スタート地点でお預かりした荷物は、ゴール地点で返却します(リタイアした場合でも一度ゴール地点へ向かっていただきます)。ペーサーが第5エイド(第2関門)で大会当日に14時までに預けた荷物は、ゴール地点で返却します。第5エイド(第2関門)で選手が預けたドロップバックは、翌日の表彰式会場でお渡しします。

 

Q.コースガイダンスの申込方法は?

A.事前申し込み不要です。お時間までにお越しください。コースガイダンスのスケジュールは最終案内でご案内します。

 

Q.参加賞のTシャツサイズは変更可能か?

A.エントリー時に登録いただいたサイズ、またはその後「SFMT確認&変更サイト」で変更されたサイズでお渡しします。事前に登録いただいた数でご用意しますので、申し訳ございませんが変更できません。

Premium Partner

Major Partner

Major Supporter

Core Partners

Active Partners

Active Supporters

Supporting Partners

Trail Supporters